KiCadで回路図からガーバーファイルを作ってelecrowに発注するまで

ここで説明している設計の基板を発注するまでを書くよ。

用意しておくもの

  • KiCad
    EDA CADで設計に使います。
    これの設計時はBZR4022版で行なったけど、まだインストールしていない人は最新安定版をインストールしてください。

GitHubからダウンロード

ここのリポジトリに行って
github-1
github-2
ダウンロードする。

masterブランチを追いかけたい方はこちらからどうぞ

guthub-3

ダウンロードしてきたzipを展開する

files

AudioAmpApplication/
赤外線リモコンコントロールアンプソフトウェアでAtmel Studio 7のプロジェクトフォルダ
PCB/
KiCadのプロジェクトフォルダ
.gitattributes
気にしないで
IR-NECformat.m
説明用のNECフォーマット赤外線リモコン信号を生成するGNU Octaveファイル
LICENSE
利用許諾が書かれたファイル
mk_attenuate_table.m
LM1972またはPGA231x電子ボリュームICの減衰値に対応する設定値を計算して設定値表を生成するGNU Octaveファイル
README.md
説明が書かれたファイル

KiCadを起動

kicad-1
展開したフォルダ内のPCBフォルダの.proファイルをひらく

kicad-2

プロジェクトを開いたらとりあえず回路図でも見る

回路図エディタを起動

kicad-3
トラ技ライブラリは無いのでとりあえず閉じるをクリックして
kicad-4
階層シートのルートが表示されているので「階層の上下移動」をクリックしてから
kicad-5
クリックするとそれぞれのシートに移動できます。
ルートに戻りたいときは空いてる部分をクリックすると戻れます。
kicad-5

プリント基板エディタを起動

kicad-3

kicad-6

kicad-7
表側
裏側
裏側

デザインルール
kicad-9
kicad-10

初めての作品なんで、これでいいかわからんけどこのまま勢いで発注するのでガーバーを出力

ガーバーデータを出力する

kicad-6kicad-11
このときビアのテンティングを禁止で発注したけど、今考えたらビアにテンティングしておいた方がよかった。

ドリルデータを出力する

kicad-11
kicad-12

ガーバーデータを確認する

kicad-3
kicad-13
ガーバービューワーでガーバーデータ&ドリルデータを読み込んで確認してから

elecrowのサイトへ

elecrow-1
2層, 10cm × 16cm, 青色レジスト, 鉛フリー・ホット・エア・ソルダ・レベラで発注するとして

サイトに書かれている通りにガーバーファイル名をリネーム

elecrow-2

elecrow-3
これを

  • .drlを.txtにリネーム
  • B.Cu.gblを.gblにリネーム
  • B.Mask.gbsを.gbsにリネーム
  • B.SilkS.gboを.gboにリネーム
  • F.Cu.gblを.gtlにリネーム
  • F.Mask.gtsを.gtsにリネーム
  • F.SilkS.gtoを.gtoにリネーム

して
elecrow-4
こうしたらzipで固めて
elecrow-1
アップロードしてADD TO CARTをクリックすると右上のSHOPPING CARTに入るからGOTO CARTをクリックして発注。

終わりに

アイキャッチ画像に写っている基板10枚は余ったものなので、欲しい方には連絡をいただければ先着順で差し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください